読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にこにこいっちゃん。

子育て中の日常から、社会問題の考察、お役立ち情報まとめ、備忘録など、徒然なるままに書き綴ってみる予定です。

大病院は基本たらいまわし。「手術は平日しかやってません」

一週間の入院を目指して頑張る話。

こんにちは、misaです。

例の扁桃腺手術の件で紹介予定先の病院へ問い合わせをかけてみました。

手術についてはこちら↓↓

niconicoiccan.hatenablog.com

相変わらず哺乳瓶は使わず、ママが離れると大泣きの我が子に

「正直無理だろ」と問題を先送りしていた私に

遠回しにタイムリミットを告げたのは、旦那でした。

 

「GW手術をするなら休み優先して取らせてもらえるように

上司にお願いしてきたよ~」

 

ごめん。私逃げてた。

しかし赤ちゃんがいるのに本当に手術できるのか・・・。

まず条件を再度洗い出し、不明点の問合せをかけてみました。

【病院へ確認したいこと】

・赤ちゃん連れでの入院は可能か

・手術をした場合、母乳って飲ませられる?

・連休中の手術枠は空いてる?

 

【入院するためにクリアすべき課題】

・哺乳瓶NGの娘の授乳をどうするか

・「ママがいない」を乗り切れるのか

・夜間授乳に旦那が耐えられるか(赤ちゃん同伴入院が可能か)

 

【何故手術を急ぐのか】

・半年後に迫る仕事への復帰

・月一で寝込むことへの疲れ

・旦那の仕事を休めるタイミングでの入院希望

 

とりあえずこんなところでしょうか。

 

そしていざ電話してみると・・・

「手術は平日の火・木しかやっていません」

「赤ちゃん連れでの入院はできません」

 

世間は私に辛かった・・・。

しかも母乳の可否に関しては完無視

仕方がないよね。専門外だもの。

もちろん哺乳瓶に慣らしていなかった私が一番悪いんです

正直半年後の保育園入園は大丈夫なのかとそちらも不安。

てっきり一歳前には断乳だと思っていて、

「吸わせな出らん!」「搾乳器は乳腺痛める!」という意見に甘え

産後、会陰の傷が痛くて動けないを言い訳に

過ぎ去ってしまった退院後の数カ月。

一日一度でも継続して使っていれば悩まず済んだのに・・・。

・・・それにしても某大病院の対応もちょっと冷たい。

数度たらいまわしにされ、保留音も鳴らないので電話口の相談声が丸聞こえ。

ヒシヒシ感じる迷惑電話受けちゃった感と

電話の受け手に対する周囲のお前が処理しろ感。辛い

 

最初に行った個人病院は入院に関する話は全くしてくれず、

大病院は電話に出るのは受付の素人さん。

紹介状貰って受診したって「いや手術無理でしょ」ってなれば

受診料のドブ捨て・・・とくりゃ、

「一体私はどうしたらいいんだ!」ってなっちゃいますよね。

 

【とりあえず今回の問合せで見えた手術実現までの壁】

・平日手術のため旦那が長期休みを取るか、一時保育の利用でシンパパ生活

・搾乳母乳を飲ませることをクリアする

・夜間の平均2回の授乳に主人が耐える

・娘がママ無しでも泣かない

・一時保育を使うならその手続き・慣らし・費用

いやこれ無理だろ~

という現状なのでした。行き詰まり、なう。

日本最大の生協ネットワークが日常のお買い物をサポート!

 

注目記事☆

niconicoiccan.hatenablog.com

niconicoiccan.hatenablog.com

niconicoiccan.hatenablog.com

niconicoiccan.hatenablog.com