読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にこにこいっちゃん。

子育て中の日常から、社会問題の考察、お役立ち情報まとめ、備忘録など、徒然なるままに書き綴ってみる予定です。

【STEP4】世界一周を志す人の賢いお金の持ち歩き方。~簡単でお得な方法はどれ?#世界一周したのは旦那だ!

f:id:niconicoiccan:20160411220148p:plain

海外を旅する上で考えなければならないことの一つに

お金の問題があります。

私自身は海外に行ったことが高校の修学旅行でしかないので

正直どこで両替するだとか、長期の旅でのお金の管理をどうするのか等

全く想像ができません(笑)

 

なのでそれを勉強するのが今回の記事。

【STEP4】旅のお金はクレジットで

意外に思うかもしれませんが、実は海外でお金を持ちまわる際、

最もお得になるのが
『クレジットカード』
『マネーパスポート(プリペイド型の外貨ATMカード)』
なのだそうです。

海外格安航空券予約サイト-skyticket.jp-

知っているようで知らない!?旅のお金の基礎知識

①現金について
旅行の計画の段階で世界旅に必要な資金はざっと100万円程と紹介しました。

しかしそんな大きなお金を米ドル、円などで持っていくのはまずやめた方がいいでしょう。海外ではいつ何があるかわかりません。街の案内板を見ている間に財布がすられているかもしれませんよ!


一応ご紹介しておくと、

現金(cash)は日本円で持って行く方法と、外貨に両替してから持って行く方法があります。
日本での日本円から外貨への両替は、種類が限られてしまいますが、

米ドル、ユーロ等でしたら、多くの金融機関や郵便局で取り扱っています。


外貨(現地通貨)への両替は、日本国内の空港内の銀行で行うか、

現地の国際空港、街中の両替所、銀行等で行うことができます
しかし、現金は万が一盗難にあうと保障がききません。

必要な分だけを両替し、持ち歩くのは小額にしましょう。

 

トラベラーズチェック(T/C)
次にトラベラーズチェック(T/C)について。

これは旅行用の外国通貨建ての小切手のことです。
トラベラーズチェックの特徴は紛失、盗難にあっても原則として再発行してもらえる点と、現金に比べて両替率が有利な点が挙げられます。


再発行の際にはトラベラーズチェックを購入した場所や発行年月日、

発行ナンバーが必要になります。必ず控えておきましょう。
現金と同じようにホテルやショッピングで使用できますが、

小さなお店等は使用できない場合があります。予め確認してみましょう。

 

入手方法は銀行や郵便局、国際線の出発空港で購入可能です。
販売手数料は購入申込金額の2%です。

 

・・・と、利点が多いT/Cですが
実はT/Cをそのまま使えるところは少なく、
現地のお金に両替しようとすると再度手数料がとられるんですって!
二度の手数料・・・これはもったいないですよね。

 

もちろん便利な部分も多いので、メインのお財布ではなく

予備のお金としては持っておくと良いと思います。

 

③ 国際キャッシュカード
日本の銀行口座に預入れた日本円を、

旅行先のATMで現地通貨で引き出すことができるのが国際キャッシュカードです。

な、なんて便利っ!
クレジットカードと同様に紛失・盗難の際には利用停止ができるのも安心ですね。


利用できるATMは、VISAカード系のPlus(プラス)

MASTERカード系のCirrus(シーラス) の2種類があります。
銀行によってどちらを利用するのか異なりますので確認しておきましょう。


通常は現在ご利用のキャッシュカードを

国際キャッシュカードに切り替えて使用します。
また旅行用に、一時的な利用のために即日発行できるサービスもあります。

 

しかし、この国際キャッシュカードは手数料が高いのが難点。
クレジットカードなら年利が18%で、10万円を借りても1ヶ月の利息は1,500円程度。
しかし国際キャッシュカードで最安だった楽天銀行でも、10万円を引き出したときのコストは2,940円。
高すぎるので、正直使わない方がいいでしょう。

④クレジットカード
海外でお金を持ち歩く方法として一番オススメなのが、

実はクレジットカードのキャッシングなんです。
「えー?クレジット?」って意外に思われるかもしれませんが、

最も手数料が低く、なおかつ使い勝手が良いのです。


繰り上げ返済をすれば10万円下ろしても利息が150円しかかからず、
もし掛かったとしても、手数料として割り切れるのが利点です。

もちろん紛失・盗難にあった場合、利用停止にすることもできるので、

何かあった際もお金が全てなくなることも防げます。


またクレジットカードは身分証明書(ID)として、

ホテルのデポジットでと諸所で要求されることがあるそう。

1枚持っていると便利ですね。というか持ちましょう。
ATMも世界中に普及しているので、お金を下ろすのも問題ないと思われます。

 

クレジットカードはMasterCard、VISA、American Express 及び Discover((JCBを含む )の4種類があり、中でも主流なのがMasterCard、VISA、American Expressのようです。
とりあえずこれらを持っておけば問題ないでしょう。

カード払いはうっかり使いすぎることにさえ気をつければ大変便利ですよ

後程オススメのクレジットカードをいくつかご紹介しようと思います。

 

カードを選ぶ上での注意事項。

クレジットカードには『 1回の渡航で50万円まで 』等の

条件がついてるカードもあります。注意しましょう。
世界一周旅行だと海外旅行保険付きなどがありますが、

それも3ヶ月しか有効期間がないのでこちらも注意が必要です。


ちなみにもしショッピングで使用した時は
不正利用防止のため、利用控えは必ず取っておき、

帰国したら、利用明細書と合っているか照合しましょう


プリペイド型の外貨ATMカード
カード発行時に予め手数料と引き出し用の資金を入金する、

プリペイド型の外貨ATMカードのサービスです。

へーこんなのあるんですね。

 

日本円で入金すると、現地のATMで現地通貨で引き出すことができます。
トラベレックス両替店や取扱いのある旅行会社、

シティバンクなどで申し込みが可能です。
必要事項を記入して必要な金額を入金するだけ。

その場ですぐにカードを発行できます。銀行口座も必要ありません。

 

口座を開設しているわけではないため、

万が一カードの盗難に遭っても残高すべてを引き出される心配はありません。
日本円以外にも米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドルなどでの外貨建ても可能。

その場合はカード購入時の為替レートで固定されるそう。

・・・ふむ、よくわからん(笑)


カード発行は年齢制限や審査がなく誰でも利用できるので手軽でいいのですが、

入金手数料・引出手数料等がかかり、使用にも有効期限があるので注意が必要らしいですね。

ですがもしもの時には1番重宝するカードだと旦那談。
もし世界一周・横断をするのであれば、日本円に固定しておくと便利だそうですよ!


オススメクレジットカード・マネーパスポート

はい、ここでオススメのカードをいくつかご紹介します。

自分の実現したい旅行のビジョンに合わせて選びましょう。

1.『三井住友カード

お申込はこちら

傷害死亡・後遺障害 最高2,000万円(一部利用付帯)
傷害・疾病治療費用 最高100万円
賠償責任 最高2,500万円
救援者費用 最高150万円
携行品損害 最高20万円
(自己負担額 3,000円)
保障期間 3ヶ月

このカードを選ぶメリットは大きく三つです。

・年会費が《実質無料》

※通常年会費は1,575円~1,312円。学生さんは262円~在学中無料。

海外旅行保険が《自動付帯》

よくある「利用付帯」は交通費等をカード決済しないと保障が始まりませんが、

「自動付帯」ならカードを持っているだけ(手続き不要)でOKなんです。

・医療費が《キャッシュレス》

現地で病院にかかった際に自腹で立て替える必要がない

「キャッシュレスサービス」は旅先では大きな安心。
ゴールドカードでもこのサービスが付いているものは少なく、年会費の安い一般カードではとても稀少なんですって。

 

三井住友カードと言えば、旅人が持っている代表的なカードの一枚なんだそうですよ。
海外保険が付いて、何より手数料が安いのが魅力。
学生も作れるのでオススメですね。

人気アニメ進撃の巨人とコラボレーションしたクレジットカード

2.楽天プレミアムカード

こちらは割と身近なカードですよね。


死亡・後遺障害 最高5,000万円
傷害・疾病治療費用 最高200万円
賠償責任 最高2,000万円
救援者費用 最高200万円
携行品損害 1旅行中
最高20万円
(免責3,000円)
年間
最高100万円
補償期間 90日間
補償額アップに加え、空港でVIP気分を味わいたい人に最適

・年会費が《10,500円》

クレジットカードの年会費としては高く感じるかもしれませんが、
『プライオリティ・パス』だけでも十分すぎるほど元が取れているらしいです。
パスが付いてくるクレカの中では最も安い年会費なので、

パスのためだけに所持している人も多いそう。

なお、今なら10,000ポイント貰えるようなので、実質500円!?

詳しくはこちら↓↓

海外旅行保険が《自動付帯》

ゴールドカードとしては標準的な保障内容だそうです。

 

ちなみに裏技!

荷物の準備で楽天を利用し、クレジットで支払ってポイント貰いましょう。

そしてそのポイントで残りの準備をお得に済ませることができます。
残念ながら学生は入れませんが、大人の方にはオススメの一枚だそうです。

 

3.キャッシュパスポート

海外専用プリペイドカード

海外専用プリペイドカードです。
旦那も持っていたそうです。聞くと、届いた時にカードが二枚あって驚いたそう。

前もって予備のスペアカードも送ってくれるらしいのです。

そして数年前はなかったらしいのですが、

今はなんとT-ポイントが貯められるという特典付き!

これはもう入るしかない!!

Tポイント付きキャッシュパスポート

もちろん、事故や盗難にあった時の対応も万全。

24時間受付で日本語対応もしてくれるようです。
もし残高がなくなっても、家族委任状というものを作成しておくと

再入金してもらうことも可能なようなので安心ですね。

もしも子供に持たせるならクレジットより断然こっちでしょう。

 

更に日本での現金両替よりもお得なレートで両替できるのも魅力。
例えば…10万円をオーストラリアドルに両替すると
現金両替よりも約5,000円お得になります。
ATM手数料200円
為替手数料4%
まぁクレジットのキャッシングよりも高めですが、

それでも現金両替やT/Cよりもいいかもしれません。

 

また行き先に合わせて選べるのもいいですね。
例えば…米ドル圏へ渡航する方には「米ドルカード」、
ユーロ圏へ渡航する方には「ユーロカード」
レートを固定できるのは魅力です。
ちなみに世界横断には「日本円カード」です。

お財布のような海外プリペイドカード

海外旅行に便利なプリペイドカード【Yubisashi Club Card】

 

「この3枚があれば十分だと思います」と旦那談。

・・・が、この情報は数年前のものなので、

現在はもっといいものが出ている可能性はあります(笑)

いくつかリンクを載せておくので用途に合わせて見比べて検討してください。


もし学生で楽天プレミアムカードが取得できないようであれば
LIFEカードをオススメします
ただこちらはキャッシングが出来ないので、少しばかり不安が残るかもしれません。

 

それから、旦那が個人的に気に入っていたのはこちら。

福岡銀行のアレコレカード』。
海外のATMでもキャッシュカードとして使用でき、

海外の提携金融機関のATMから現地通貨で預金のお引出しが可能です。


海外へ行くときもアレコレカードさえあれば、

海外のATMであなたの預金から現地通貨を引き出せるので、

わずらわしい出発前の両替が不要です。


ただしご利用の際は、1回あたり105円(税込)の手数料がかかります。
利用口座からのお引落し日は、以下のとおり。

[VISA・MasterCard:ご利用日の3日後の翌銀行営業日]

 

……つまり、5万円が上限だとして、

海外でその額を一度にキャッシングするとします。

すると、まず105円の手数料がかかります。

通常翌月にならなければ再度キャッシングはできませんが、
アレコレカードなら来週になればまた手数料105円で

5万円下ろせますよ。という仕組みです。

 

「そんなに美味い話があるか!」と思いますが、

旦那が問い合わせていくら聞いても

「大丈夫ですよ」とだけ言われたそうで。
実際どうだったんでしょうね。

もし本当にそうだったら、世界一周・横断する人にとって、こんなにいいカードはありません(笑)


旅ではお金はこう持ち歩く!


現地へ持って行くお金の種類は、複数のパターンを組み合わせて準備します。
希望の方法が使えなくても、他の手段でカバーできるようにしておくことで、

旅の不安を少なくできます。
旅先で、心置きなく楽しめるよう、お金は計画的に~♪

学生ローン専門店

旦那の場合(当時の資料参照)
①クレジットカード・海外専用プリペイドカード
福岡銀行(VISA)
・LIFEcard(VISA)
・キャッシュパスポート(MasterCard)×2

②T/C($1,000)
$100×5=$500
$50×10=$500

③米ドル($700=$500pack×1+$100pack×2)
$100×$3=300
$50×$2=100
$20×$6=120
$10×$15=150
$5×$2=10
$1×$20=20

だそうです。


・・・何故不便なT/Cを買ったか?
それは「未だレートがいいのでアメリカで使う分は早く変えたほうがいい!」

と考えたからだそうです。難しい話わかんなーい。


当時の旦那談:

「アメリカの景気は急速に回復している。いずれは金利を上げるだろう」

 

「西回りに1周でアメリカが最後ならお得になる可能性があるかもと思い、
経験にもなるのでT/Cにしてみた」とのことでした~。

へ~こんな考え方もあるんだね。


さてさて、お金の話はやっぱり難しいですね。

とはいえ海外でツアーじゃなく自力で旅行するなら、

しっかり考えなければいけませんね。

グッドラック!!

やっぱりツアーにしようかな・・・な人はこちら↓↓

読者登録大好物です。

関連記事☆

niconicoiccan.hatenablog.com

niconicoiccan.hatenablog.com