読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にこにこいっちゃん。

子育て中の日常から、社会問題の考察、お役立ち情報まとめ、備忘録など、徒然なるままに書き綴ってみる予定です。

【話題のコラーゲンサプリが効かない理由】お肌の潤いやハリが足りなくなってきた方へ。

f:id:niconicoiccan:20160512114130p:plain

年齢を重ねるとともに減っていくお肌の潤い・ハリ。

コラーゲンはお肌に良いからと片っ端からサプリを試すのに宣伝されているほどの効果が感じられない・・・。

実はそれ、当たり前なんです。

コラーゲンはそのまま食べても意味がない?

コラーゲンの入ったサプリメントがお肌の保湿に効果が高いとあちこちで宣伝されていますよね。今では「コラーゲン」という言葉を知らない女性はほとんどいないのではないでしょうか。

でも実は、コラーゲンはそのまま食べても体内に吸収されず、気になっているお肌にまで届いていないんです!

コラーゲンがお肌へ届かない理由

サプリメントなどでコラーゲンを口から摂取した場合、そのコラーゲンは体内で一度分解・吸収をされ、その後再合成されます。しかし再合成によって生成される成分が必ずしもコラーゲンになるとは限らず、まったく別の物質になってしまうこともあるんです。つまりコラーゲンサプリでは、体内のコラーゲン量をそのまま増やすことができるわけではなく、あくまでコラーゲン生成のための材料を増やす程度の効果しかないため、摂取したコラーゲンがお肌まで届かず無駄になってしまっているんです。

ではどうすればいいの?

コラーゲンをそのまま摂取しても意味がないのは、体内で使用されるコラーゲンは体内で作られるものに限られるからです。せっかく摂取したコラーゲンも再合成の過程で大きく数を減らしてしまっては言われているほどの効果がないのは当然なんです。ではどうすればお肌までコラーゲンをしっかり届けることができるのでしょうか。

人間の身体は自分でコラーゲンを生成する機能をもっています。コラーゲン自体の摂取に効果がないというなら、その本来身体の持つコラーゲンを作る機能をより活性化させ、コラーゲンを増産してもらえばいいのです!とはいえ、「そんなことできるの?」と思いますよね?

ここでスポットを浴びるのが、海洋性たんぱく質の持つ働きなんです。

海洋性たんぱく質の働き

海洋性たんぱく質とは魚の持つ栄養素の一つです。この海洋性たんぱく質がコラーゲン生成を助ける役割を持つとして、近年注目されてきているのです。

体内でコラーゲンを生成する際、この海洋性たんぱく質が機能そのものに働きかけ、より多くのコラーゲンを生成させます。このコラーゲンがお肌へと運ばれ、身体の内側から潤いやハリを蘇らせてくれるのです。

なら魚を食べればいいのよね!

海洋性たんぱく質を摂取すればいいなら、魚を食べればいいわけです。でも魚を毎日毎日モリモリ食べ続けるのも大変だし、調理や保管にも苦労しそうです。マグロなどの大型の魚のもつ水銀の危険性も近年注目され、妊娠中などは摂取にも制限があるほどです。あまり大量に食べ過ぎるのも不安ですよね。

そこで海洋性のたんぱく質をより効率的に摂取でき、さらにはコラーゲン生成の材料やコラーゲン以外のお肌への有用成分などもあわせて補うことのできる、超効率的な方法があるんです。

それは・・・

老齢学・医学界の二人の天才が提唱するその方法がこちら!