読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にこにこいっちゃん。

子育て中の日常から、社会問題の考察、お役立ち情報まとめ、備忘録など、徒然なるままに書き綴ってみる予定です。

水素水の効果と正しい選び方!飲むだけで若々しいお肌になる?

家事・育児/お役立ち情報

f:id:niconicoiccan:20160418154845p:plain

今絶賛メディアで取り上げられ中の「水素水」。

どんなものか知っていますか?

お水を飲むだけで綺麗になると噂の「水素水」

今回はその効果や選び方について見ていきたいと思います。 

水素水って何?

「水素水」とは、水素分子が高濃度で含まれている水のことをいいます。

医学的には「水素豊富水」ともいい、臭いや味は水とほぼ変わりはありません。

水素分子は、活性酸素」と呼ばれる老化やさまざまな病気の原因といわれる物質を消し去る働きがあることで近年注目されています

 

この嬉しい効能が医療業界や美容業界で注目され、健康や美容への効果が期待されているんですね。

メディアでもたびたび取り上げられ、今では広く知られてきています。

水素水が選ばれるワケ

健康・美容に敏感な方たちが今、大注目している「水素水」。

その人気の秘密は何なのでしょう。

どんな効果があるの?

活性酸素の中でも「悪玉活性酸素」という物質が強力な酸化作用を持ち、

DNAや細胞を傷つけ人体に悪影響を及ぼすことがわかっています。

その「悪玉活性酸素」を消し去ってくれる水素分子が多く含まれる「水素水」が身体やお肌に良いとされ、健康法や美容法として取り入れる方が増えています

 

ただの水と見た目や味は変わらないので、そのまま飲んだり洗顔に使ったり料理に取り入れたりと方法も様々。

いつもの水を水素水に変えるだけ。

誰でも簡単に続けられるのが最大の魅力かもしれません。

 

『身体やお肌の酸化(老化)を抑制し、いつまでも若々しくいたい!』

「水素水」はそんな若さとキレイを求める多くの人から熱烈なラブコールを受けているのです。

活性水素との違いは?

気をつけたいのはあちこちで目にする「活性水素」や「水素ラジカル」「プラズマ水素」などの呼び方です。これは正式に効果を認められているものではなく、企業が独自に用いている宣伝・広報用のワードになります

活性水素なんて活性酸素となんだか似ているし、いかにもありそうですよね。

効果の程は諸説ありますが、学術的にその効果が認められているものではないというのが実情です。

水素水の選び方

 では「水素水」を選ぶときは何を基準に選んだらいいのでしょうか。

価格やプランの比較が大切なのはもちろんですが、ここでは素人目では判別しにくい「水素水」自体の選び方についてご紹介します。

水素水は濃度が重要!

 「水素水」と定義するにあたって、厳密な基準は設定されていません。

なので選ぶ製品によって濃度にもばらつきがあります。

なるべくきちんと表示されているものを選びましょう。

 

水素は圧力をかけることでいくらでも水に含ませることができます。

しかし圧力がなくなるとあっという間に抜けていってしまうのも特徴の一つです。

「水素水」選びの一つの目安として、1.57ppmを基準に判断するといいそうです

 

かけていた圧力が抜けると(かけ続けていても徐々に抜けていきます)

1.57ppm以上の水素はすぐに大気中に逃げてしまうそう。

なのでこの数値分が含まれていれば十分なんですね。

水素水を飲むならウォーターサーバーが手軽で簡単

 そんな管理の難しい「水素水」。

手軽に生活に取り入れるにはやはりウォーターサーバーがオススメです。

人気の水素水サーバー

私が今回オススメしたいのはこちら。

水素水が手軽に飲める冷水機機能付きのサーバーです。

【超高濃度水素水サーバー ハイブリッドアルファー】

 →水素水製品を幅広く提供する『ミライプラス株式会社』から発売されています。

他にもさまざまなタイプのサーバーがあるので、価格や用途によって最適のものを選ぶことができます。

 

そしてもう一つ。

最新型家庭用水素水サーバー

 →フィットネス業界で人気のウォーターサーバーメーカー製です。

価格は張りますが、人気があります。

 

まとめ

 話題の「水素水」について取り上げてみました。

芸能人も愛用者多数の人気の健康・美容法。

あなたも身体の中からキレイと健康を目指してみませんか?

 注目記事☆

niconicoiccan.hatenablog.com

niconicoiccan.hatenablog.com

niconicoiccan.hatenablog.com

niconicoiccan.hatenablog.com